かえるのクーの助手たち

我々は賢くないので。。。

3月はもうおわり。保守にすらなっていないことをお詫び

桜の季節です

 

かえるのクーの助手の井戸中 聖(いとなか あきら)です。
今日、お出かけ先から約1.5ヶ月ぶりに生還しました。
自由に使えるネット環境がない!ので、ブログもままなりませんでした。
アクセス数を見るかぎりは、このサイトの立ち上がり時期を彷彿とさせる
スパースなアクセスとなっておりました。

桜の季節というのになぜか寒いです。

さて、例によって実験できていなので、全くの妄想を書きます。決して信じてはいけません。でも3月なので4月ネタ?でもないんです。

忙しいことはやっぱりよくないよね

 

ここしばらくはとても多忙で、たぶんかなり寿命を縮めてしまった感じはします。
そんな多忙ななか、ふと「人間原理」が正しいのかも思ってしまいました。

人間原理 - Wikipedia

出典や検証不足ながらWikiを参照ください。

 

人間原理とは、一見「トンデモ」である理論ですが、こういう思考実験的な考え方、は嫌いではあいません。それどころか、物理学者でも案外信じている人はいたというので驚きです。

 

主観で好き勝手いえる部分もあるので、あまりあてにならないページはご注意ください。(とくにこのページが怪しいです)

 

わたくしは、頭っから気にもかけていなかったのですが、あまりに追い詰められた状態でふと考えると、「人間原理」って案外間違っていない気がしてしまったという他愛のない話です。

因果関係に縛られる(連続した)世界と、因果関係が別の「切り口」をもつ世界

 

さて、「時間をふくめてこの4次元世界」は、もっと多次元の波の重ね合わせの
1つの選択肢、もしくは確率のひとつと考えられています。

4次元世界で観測はエネルギー(波)は「量子」としてのふるまいのもと、因果関係がなりたつ世界としての連続性をもっています。
波は量子として「観測により収束する」のではなく、たまたま、「あたかも収束しているかのごとく観測される」だけです。ちょうど「ピントが合うから観測された」ような感じに考えています。

観測されたから世界が分岐するのではなく、もともとの可能性の中から確率的に観測されているだけだと思います。とはいえ因果関係の縛りがあるので、その世界からすればあたかも分岐したようにも見えます。

ところが!4次元世界での因果関係はそうそう破綻しないので、うまくコントロールすれば、意図する状態に「収束させて結果を得る」ことが「4次元世界」側から(一度では無理でも)何度もの試行で高確率で可能になります。


波の重ね合わせははそれこそ無数にあり、同じ波の重ね合わせを元にしていたとしても、因果関係がまったく別の4次元世界では「物理定数そのもの」がこの世界と違っているかもしれません。
そう考えると、「宇宙が人間に適しているのは、そうでなければ人間は宇宙を観測し得ないから」
はあながち間違っていないかも。

この観測に関する最も高度なシステムが「知性」である感覚がふと湧きました。知性は自己に有利な因果関係を選択(招きよせ)する(気がする)。
自分にもっと知性を!

意思力か...

 

さて、わたくしはこの追い詰められた状態から脱出は可能なのでしょうか。

あ。今世界線がすこし変わったかも。。。(笑)

今後の活動が危ぶまれます。


クーとはまだコンタクトできていません。

アルファゼロはわたくし的に技術的特異点です

やっぱり最大級に驚かざるをえません

助手の「井戸中 聖(いとなか あきら)」です。 

困惑しているので、あまり書けないのですが、「気持ち」を書くのが「はてぶ」のいいところだと思っていますので、正直な気持ちを書きます。

f:id:AssistantOfKoo:20180128125114j:plain

アルファゼロ(Alpha Zero)が、先々代のアルファGOを100-0で破った情報は最初は軽く流して読んでいました。

技術革新のまっただなかなので、Googleの人材、計算資源をつかえば驚くことではないと思っていました。そんなには大騒ぎになっていないので、「後でみよう」になってました。

f:id:AssistantOfKoo:20180128124920j:plain

Mastering the game of Go without Human Knowledge

やっと、日本語の要約を読んだのですがですが、これは自分的に「特異点」であるようにおもえてなりません。(レイ・カーツワイルのいう、いわゆる「汎用AIのシンギュラリティ」とは違います。あくまで一般的な特異点です。)

どんどん解説がでてきているので解説や関連記事にはリンク貼りませんが検索するとたくさんでてきます。

 アルファゼロすげ~

名前が似ているので紛らわしいですが、「アルファGO」ではなく、「アルファゼロ」がすごすぎです。Alpha GO ZeroとAlpha Zeroを別ものとしている記事と同じにしている記事がありさらにややこしいです。

本当のコアなところは公開されていない気がしていますが、公開情報だけからすると、

・アルファゼロは「最初から独学(ほぼ強化学習)だけで」特定分野ではあるが、高度な判断を必要とする処理において、人間の最高レベルを超えた。

と認識しています。この1点で自分には特異点です。

 

強化学習は勉強中ですが、従来のイメージからすると、

・学習の「最後のしあげ」に威力を発揮する

・もしくは「他の技術やロジックの補佐のもとに実用的な動作ができる」

・まったく何の情報もないところから強化学習は困難

(簡単なゲーム(ブロックくずし)など、結果がすぐわかってフィードバッグできるものであれば可能)

と思っていました。

 

囲碁のような初盤、中盤の評価がたいへん困難なゲームにおいて、強化学習で学習するには、それこそ以前から言われているような「天文学的」計算量が必要な認識でした。

「先代アルファGO」は強化学習のモンスターのイメージがありましたが、それでも「最初の学習」は過去の「膨大な囲碁のパターン学習」から開始している認識です。

それをアルファゼロは知識がないところ(それこそゼロ)からから、3日程度の計算で人類が1000年も2000年も研究してきた内容を、(きわめて狭い分野であるとはいえ、事実上)到達できるようになったという見方もできると思います。

やっぱりこれは「技術的特異点」なのか?

 特異点と感じるポイント(あくまで私見です)

いままで

・教師ありデータや、基本的な補助ロジックはある意味「それ自身が人類の英知である」とも言える。

機械学習は教師データや直接的な評価判定値をまねて(まねぶ・学ぶ)いるに過ぎない=パターンを与えられてそれを高次元な領域で「モデル化」して補完近似している。(そのため未知のデータの予測や適すると思われる状況応答ができる)

・深層学習はより高度な抽象化を内部で行っていると思われるが、そう学習させるために、整理された膨大なデータと膨大な計算資源が必要である。

・強化学習はある程度学習が進んだあとに、一層の最適化をおこなえる優れた手法である。しかしながら、高度な処理において、学習の初盤から使用するのは事実上困難である。

アルファゼロ

・自ら試行した内容を自ら学習パターン化し、体系化する(状況に応じた発見知識の獲得ができる)

・最初はどうやったらゲームに勝てるか全く知らない・基本戦略や転移学習の知識もないゼロ状態からの開始と思われる。

・特定分野に対応する、いままで習得されてきたノウハウを必要としない。(人類の英知に束縛されない)

・仕組み自体はむしろ過去のものよりシンプルである。その(外部からみると)単一なしくみで、最初から最後まで処理している。

・応用範囲が広いと思われる(碁だけではなく、ほとんどのテーブルゲームに応用がききそう。現実を端的にモデル化する技術と、その(目標達成の途中状態を含む)モデル状態評価技術がもっと向上すれば、政治や経済、経営にそのまま(意思決定支援として)使えそう。そして、創造的分野にも)

すこしばかりの疑問

・盤面の評価や、特有の枝刈り技法など「碁の」ノウハウを含むロジックとしてAlphaGO から「なんからの形で」持ってきているのであれば、純粋に「独学」とはいえないと思います。AlphaGOの盤面評価こそは「人類の英知」を変換(学習)したものといえると思うので。。。評価も純粋にゼロから学習しているのであればホンモノのような気がします。Googleの過去の発表には何度か一杯食わされた感があるので、発表を鵜呑みはしてません。(とはいえ、最近は実績を伴っているのでぐうの音もでません)

 

いそがしくてあまり情報をみれていませんでしたが、あたらめて確認すると(「without Human Knowledge」の部分に多少に疑問をもつとしても)「最上級にすごい」と思います。

人類を超えたのがすごいのではなく「最初(ゼロ)から最後(人類レベル以上)までいけていることろ」がすごいです。

個人的には汎用AI実現はあと100年以上かかると思っていますが、きわめて狭い分野の「専用」学習機能は、これからも少しづつ職人的知的領域を脅かしていく気がします。

 

この得体の知れない敗北感は何でしょう。Googleとは最初から勝負していないし、このような技術を待ち望んでいたはずの自分なのに(そして人工知能が職業を奪う記事をどれだけ読んでも全然響かない自分なのに)、意外です。

でも世の中の多くの人が、すでにこのような気持ちになっているのかもしれません。

 (囲碁の)セドルさんの(Alpha GO に敗北した)当時の気持ちは、自分としては推し量ることもできませんが、前よりは少しだけ分かる気がします。

我々はマイペース

それ(雲の向こう側)はそれとして、井戸底の我々は、今年も趣味の自己符号化器の実験を進めると思います。

 

 

 

ちょっと面白いとおもったコラムなど

クーのページに投稿するまでもないので

 

なんとなくネットを見ていたら、たまたま見かけたコラムがとても面白かったので貼り付けてみます。

【科学の本質を探る①】アインシュタインは「スピノザの神」の信奉者 阿部正紀 : 論説・コラム : クリスチャントゥデイ

 

全部で42個くらいのコラムです。そんなに長くない割に中身はとても濃く、そのためかかなり飛躍があったり、関連を確認したりが必要な重めの内容です。そういうことをふくめて、とても面白いです。(まだ読んでいる途中です。)

あとPDFでも面白いのがあったので貼っておきます。

 

複雑系神経科学からの10の問題意識

 

どちらも「技術」「科学」そのものでなく、「考え方」「とらえ方」について造詣を深めるきっかけになる記事だと思います。こういう「メタ」な感覚と、「あえて逸脱して非常識に考える」ことの重要性を感じています。(こう考えること自体が行き詰まりの裏返しなのかも。。。)

f:id:AssistantOfKoo:20180115235411j:plain

複雑系創発散逸構造とは結局何なのか。ず~っと考え続けている今日このごろです。

 

かえるのクーの助手です

はじめまして

 

こんにちわ。こんばんわ。

「かえるのクー」の「助手」キャラクターです。

f:id:AssistantOfKoo:20180104025921p:plain

アイコンは「鳥綱フクロウ目フクロウ科ワシミミズクワシミミズク」です。もちろん「みみちゃん助手」がコンセプトです。

たまに「かえるのクー」のサイトに投稿することがありますが、ほぼ読み専門です。

個人的にはSNSや各種ネットの発信・展開をしていません。

興味があるのは

・アニメ

・電子工作やRaspBerryPi(買おうと思ってますがまだ持ってません)

機械学習系の話題やプログラム

・音楽のごく一部のジャンルと楽器演奏(DTMとかも)

・お料理

です。

このページにはほとんど書かないと思いますが、リンクがないのがさみしいので作成しました。

せっかくお越しいただいたのにすみません。

よろしければこちらをご覧ください。

np2lkoo.hatenablog.com